最新情報

ファイル暗号化システムの「DataClasys」が 「VERDE」に対応

株式会社DataClasys(本社:東京都千代田区、代表取締役:曽我祐二郎、以下DataClasys)が開発・販売する暗号化システム「DataClasys(データクレシス)」は、T4U株式会社(本社:東京都中央区、代表:中橋治、以下T4U)が提供する次世代仮想デスクトップ基盤製品「VERDE(バーディ)」環境下でファイルを暗号化し、利用することが可能となりました。

新型コロナウイルスの影響で、企業は従業員の生活を守るためにも、安全を担保しつつ活動を継続させる最大の努力を払う責務を担っておりテレワークを本格的に進めようとする企業が増加しています。一方企業のテレワーク導入には環境の再現、セキュリティの対策、導入の手間、費用などさまざまな課題があります。

T4U社との今回の連携により、同社が提供する仮想デスクトップ基盤「VERDE(バーディ)」によるデータの集中管理と、そのデータを自動で暗号化する「DataClasys(データクレシス)」の組み合わせが可能となります。それにより、テレワーク(モバイルワークや在宅勤務)における全社の情報漏洩対策を実現します。


「DataClasys」とは

「DataClasys(データクレシス)」は、Microsoft Office関連ファイル、テキストやCSVファイル、PDFファイルはもとより、Microsoft Access、動画、CADなど、Windowsアプリケーションが扱うあらゆるファイルを保護・管理する国産のファイル暗号化システムです。
権限者のみ暗号化されたままファイルを開いて操作することが許可されます。閲覧/更新のほか、印刷/スクリーンショット/コピー&ペースト/メール添付などを禁止することができるので、利用を許可されたユーザからの故意の漏洩を防止することも可能、個人情報から営業秘密情報まで幅広いファイルを守ります。
官公庁・自治体、金融業、製造業を中心に幅広い業界でご利用いただいております。


「VERDE(バーディ)」とは

「VERDE」は、エンドユーザに専用の仮想デスクトップを割り当て、PC、タブレット端末やシンクライアントからのアクセスおよび操作を実現する仮想デスクトップ基盤(Virtual Desktop Infrastructure)製品です。既存のVDI製品と比較して、VERDEは使いやすさ、コストパフォーマンスにおいて一線を画すと高い評価を得ています。また、セキュリティ面においても、堅牢な基盤と安全度の高い通信プロトコルを有しています。それにより「VERDE」はデバイスのリスクやダウンタイムを軽減でき、ローカルや遠隔での運用にも独自の機能で使いやすさと大切なデータの保護を実現しています。


株式会社DataClasysとは

会社名:株式会社DataClasys(DataClasys CO., LTD.)
URL:https: //www.dataclasys.co.jp/
所在地:〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-10-5 TMMビル7階
設立:2018年10月1日
資本金:10,000,000円
代表取締役:曽我 祐二郎
事業内容:
・ファイル暗号化製品DataClasysの開発・販売
・DataClasys関連製品の販売
・セキュリティ関連のコンサルティングサービス
・セキュリティ関連のシステム構築・運用サービス


  • 電話番号
  • Emailアドレス
  • Emailアドレス
先頭
copyright© T4U Co.,Ltd all right reserved.