Smart Data Protector

SDP(Smart data protector)の機能

SDPには様々な機能があります。製品の構成として、基本パッケージとオプション機能にわかれています。
中央の青い円内が基本パッケージ、その周りを囲むピンク色、緑色、黄色にある10の円が、それぞれオプション機能となります。 オプション機能は3つのカテゴリーに分類されます。色分けはその分類を表したものです。


基本パッケージとオプション機能

下の表はSDPの基本パッケージ(左側)とオプション機能(右側)の詳細を表しています。 オプション機能は1つから追加することができます。

基本パッケージ

基本パッケージは、アプリケーション管理、ドキュメント管理、印刷管理の3つのモジュールで構成されています。 この基本パッケージによってアプリケーションの使用状況、ファイル編集、移動、印刷の履歴を簡単に管理することが可能になります。

アプリケーション管理
アプリケーションの利用状況を把握し、暁霧上に不必要なアプリケーション利用を抑止することで、不正利用や情報漏洩を防ぐとともに、業務効率を向上させます。

ドキュメント操作管理
ドキュメントの操作・移動状況を把握し、秘密情報に対する不正流出や不正操作を効果的に抑止することで、セキュアな文書管理を実現します。

印刷管理
パソコンからの印刷を管理することで、紙媒體による情報漏洩のリスクを低減出来るほか、印刷ログの自動取得により、万が一の場合でも追跡が行います。

オプション機能

オプションモジュールとして、以下の10の機能があります。

メッセンジャー管理
チェットメッセイジと転送されたファイルを記録、ファイルの転送を管理し、業務以外のIM仕様を制御することで企業の不正流出を防ぎます。

Web閲覧管理
業務上必要のないWebサイト閲覧を制限することで、業務効率を向上し、情報漏洩のリスクを軽減することできます。

メール管理
電子メールの送信を管理することで、メール経由の情報漏洩を防ぎます。またメールの送受信ログにより、メール運用操作のトレーサビリティが可能です。

外部記憶デバイス管理
USBメモリなど外部記憶デバイスの利用許可管理、書き込むデータの暗号化などにより、企業情報の不正持出しや盗難・紛失による情報漏洩を防ぎます。


デバイス管理
クライアントPCの周辺機器の使用を制御することで、デバイス運用時における情報漏洩リスクを大幅に軽減し、セキュアなデバイス使用を実現します。

帯域制御
企業のネットワーク帯域幅を最適化することで、業務に関係ない帯域幅の消費を省き、基幹業務の通信帯域を確報することが出来ます。

ネットワーク制御
社内PC間の相互の通信を制限し、外部PCから社内ネットワークへの接続を検知・遮断することで、情報漏えいやウィルス感染などリスクを軽減出来ます。

IT資産管理
企業が持つあらゆるIT資産を把握し一元管理し、更新プログラム、ソフトウェアを一括配布することで、管理手間とコストを大幅に軽減します。

スクリーンモニタ
一定間隔でキャプチャするスクリーンショットによって、ユーザの操作画面をリアルタイムで監視できるほか、動画して保存・再生することが出来ます。

リモートメンテナンス管理
リアルタイムに不具合の原因調査・解析、リモート操作でトラブル解決など、システムズな稼働をサポートします。



■製品に関するお問合せ先
製品に関するお問合せ T4U株式会社
Tel:03-6661-7741 Mail:support@t4u.asia
担当:SDP担当