勤怠管理・監視ソフト IP-guard

IP-guardとは

IP-guard 情報セキュリティ統合管理システムは、 テレワーク導入中のメンバーの勤怠状況の把握や、在宅中のメンバーからの情報漏えい、業務効率低下などを防止するソフトウェア製品です。
メンバーの操作状況をモニタリングも可能で、すべてのログを記録し、グラフィカルなレポートとして確認することができます。
これによりメンバーの生産性の確認や、業務の可視化が可能となります。
また、アクセス制御による高いセキュリティ、機密情報等の外部持出し防止、 サーバ上に集中管理されたデータの暗号化による高いセキュリティを実現します。

IP-guardは高い安定性があり、導入後は自動化できます。
情報漏洩やアクセス制御、勤怠管理など、情報管理者にとってのユーザー管理に対する悩みを容易に解決します。

IP-Guard

IP-guardの特徴


全面的、強力な機能

  • 情報漏洩に限らず、PC/インターネットの私的利用抑止やIT資産管理、 パッチ配布などのIT管理作業にも役立っています。
  • オフライン環境でもセーフモードで起動した場合でも、設定したポリシーはいつでも適用可能です。

柔軟な設定・管理

  • 基本パッケージ+11の機能モジュールを備え、自由に組み合わせて購入することが可能です。 必要となる機能のみ導入することで、コストを最小限に抑え、低コストでも大問題の解決を実現します。
  • 柔軟で緻密な権限の付与やポリシーの設定などにより、コンプライアンスを推進しつつ、 社員に優しく快適な職場環境を構築することができます。

容易な導入・管理・運用

  • インストーラやリモートインストール、自動インストール用スクリプトなど様々な手段が利用可能により、短時間で簡単に導入できます。
  • 単一のコンソールから各PC活動の統計分析や、ポリシーの設定・適用、ITシステムの一元管理等が可能です。
  • 快適なインターフェイスにより、専任管理者でなくても容易に使えます。

■製品に関するお問合せ先

  • 製品に関するお問合せ

  • T4U株式会社
    Tel:03-6661-7741 Mail:support@t4u.asia
    担当:IP-guard担当



  • 電話番号
  • Emailアドレス
  • Emailアドレス
先頭
copyright© T4U Co.,Ltd all right reserved.